レンタルサーバー速度比較 ロリポップ評判

ロリポップレンタルサーバー速度

GMOグループのロリポップレンタルサーバーは、表示速度を短縮させるアクセラレータ、電話サポート(スタンダード以上のプラン)付き、格安でも基本的な機能は備わっているレンタルサーバーです!

ロリポップはWebサイトの運営規模に合わせて、5つのプランがあります、スタンダードのプランなら、高速化機能が付いて月々費用500円~と初心者におすすめできる人気レンタルサーバーです。

ワードプレスの自動インストールで初心者でも簡単にブログを始められます。

混雑時でもHTMLサイトやワードプレスの遅延を防ぐ「アクセス数拡張」(期間限定で使用可能)、さらに高速処理の「PHPモジュール版」を使うことが可能です。

※「アクセス数拡張」は、スタンダードとエンタープライズのプランで装備されてます。

ロリポップレンタルサーバーの評判?ロリポップの評判やデメリットが心配

  • 速くて格安サーバー
  • サーバーに癖がある
  • Wordpressが遅い

少し心配になるけど!?

多機能スタンダードが月々ワンコイン500円~なので費用対効果が良いと言えます。サーバーの癖:PHPの記述「<?」→「<?PHP」短縮では動かない。WordPressが遅いのは昔の話、現在はかなり改善してます。

サーバージプシーのわたなべは、一度浮気して他社に乗り換えましたが、「速い」噂を聞いて今はロリポップの虜、2020年から再度ロリポップサーバーを使い始めました。

上級者には次世代サーバーLiteSpeed(エンタープライズ)がおすすめです!

ロリポップサーバーは初期費用や運用コストも格安なのが魅力的です。しかし、月々の運営コストよりも表示速度の速いレンタルサーバーを選ぶことは大きなメリットがあります

>>表示速度がアクセス数に直結する根拠

国内には多くのレンタルサーバーの会社がありますが、その性能は日々切磋琢磨してます。

ロリポップのレスポンスを確認できます!

下記、ロリポップレンタルサーバーの表示速度テスト結果を参考にしてみましょう!

ロリポップ 速度テスト

2020年11月03日
表示速度平均タイム
HTMLサイト:2.97秒!
ワードプレス:1.08秒!
PHP処理:0.0072秒!
Ping応答:0.00578秒!

※上記のタイムが短いほど高性能サーバーになります、いずれも平均値を算出しています。

ロリポップサーバー 他社との比較表

名称 HTML
サイト
Word
press
PHP Ping
ロリポップ
(スタンダード)
2.97秒 1.08秒 0.0072秒 0.00578秒
コアサーバー
(CORE-A)
2.95秒 0.69秒 0.0097秒 0.00581秒
スターサーバー
(スタンダード)
2.95秒 0.59秒 0.0036秒 0.01303秒
さくらサーバー
(スタンダード)
3.39秒 3.32秒 0.0272秒 0.02310秒
エックスサーバー
(X10)
2.92秒 0.72秒 0.0024秒 0.01223秒

テスト結果の詳細はこちら
速度調査結果

ロリポップ プラン早見表

プラン 初期費用/
月料金※
MySQL
WordPress
マルチ
ドメイン
SSD容量
エコノミー ¥1650
¥110
50個 20GB
ライト ¥1650
¥275
1個 100個 100GB
スタンダード ¥1650
¥550
50個 200個 150GB
ハイスピード ¥3300
¥825
無制限 無制限 250GB
エンタープライズ ¥3300
¥2200
無制限 無制限 1000GB

※上記で表示している価格は税込みです。
※1年契約した場合の価格から、12で割った数値を月料金としてます。

プラン 転送量/日 CRON PHP
高速化
お試し
期間
エコノミー 50GB 1個 10日
ライト 100GB 5個 可能 10日
スタンダード 180GB 10個 可能 10日
ハイスピード 230GB 10個 可能 10日
エンタープライズ 400GB 10個 可能 10日
プラン ロリポブログ 電話サポート
エコノミー 1個
ライト 3個
スタンダード 5個 あり
ハイスピード 5個 あり
エンタープライズ 5個 あり

※ロリポブログとはJUGEMが運営しているブログサービスです、そこに広告表示なしで利用できます。

レンタルサーバー5社の比較表は、こちらレンタルサーバー速度比較表