レンタルサーバー表示速度から比較

レンタルサーバー 速度比較検証

これからブログやホームページを開設される方は必見です、多くの人々にブログを見てもらいたいのは人間の心理です、この記事では、初心者にもおすすめできる個人向け共用レンタルサーバーの速度を比較してます。

WEBサイトの表示速度(レスポンス)が良いことは、検索順位や読者の離脱率にも関係する要素です。

表示速度がアクセス数に直結する根拠

Google公式「 ウェブマスター向け公式ブログ 」より引用

引用ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します
https://webmaster-ja.googleblog.com/2018/01/using-page-speed-in-mobile-search.html

このように、表示速度の速いサイトは、検索ユーザーの満足度を高めるとはっきりと書いてあります。

WWWのレンタルサーバーの評判

ところで共用のレンタルサーバーは、いくらバックボーンが大きくても、複数人で1台のサーバーを共有しているためレスポンスが悪くなることがあります、1つのサーバーの収容人数や負荷率に着目したいところです。

しかし、共用レンタルサーバーの収容人数や負荷率は、一般には公表されてません。

他のユーザーが「大きな負荷」→「転送量を制限」この状態が最悪です。

また、ワンランク上の上位プランに移行しても、そこには既にヘビー級ユーザーがいたりして、確実に速くなるとは限らないものです。

サーバーのレスポンスはとても大事、ブログやWEBサイトの集客に直結します。
まずは、レンタルサーバーの表示速度をチェックしてみよう!

個人向けの共用レンタルサーバーには契約前の試用期間があります、しばらくの間、表示速度や使い勝手などをチェックして問題なければ、決済で契約完了の流れです。

しかし、すべてのレンタルサーバーを試すのは、ムダに時間がかかりますので、あなたのWEBサイトの目的に合わせて選べるようにしました。

レンタルサーバー 選び方

レンタルサーバーを選ぶときのポイントは5つ

site info
  • 表示速度
  • 初期費用と月々の料金
  • 管理画面の使いやすさ
  • サポート
  • 運用実績

冒頭でも述べたように、表示速度が悪いと、検索順位や読者の離脱率に影響します。

はじめてのレンタルサーバー選びなら、料金よりも表示速度を重視しましょう。

あなたにおすすめレンタルサーバー

おすすめできるレンタルサーバー!実はまだ分かりません?

それは、あなたの開設するWEBサイトの目的が、まだ、当方では分からないからです。また、先程の話と矛盾しますが、速さだけで選んでしまうとミスマッチの可能性もあります。

例えば、あなたの状況が「初心者」→「機械音痴」→「ワードプレス」なら、エックスサーバーが一択となります。

失敗しないレンタルサーバー選び!

あなたの求めるレンタルサーバー選び、それを簡単にするため、目的に合わせて不適合サーバーをリストアップしました。該当の下記項目をクリックすると詳細が表示されます。

チェックリスト

レンタルサーバーはWEBサイトの目的により、順位が大きく入れ替わります、とりあえずは目的に合わないサーバーをピックアップ(排除)してから、下記を閲覧いただくと、あなたに最適なレンタルサーバーが見つかると思います。

レンタルサーバー 速度ランキング

この順序は表示実測値の速い順から並べてみました。(順位は不定期に入れ替わります)

※下記で表示している価格は税込みです。
※1年契約した場合の価格から、12で割った数値を月料金としてます。
※速度数値は小さいほど表示が速く優秀サーバーとなります。

2020年11月03日 順位更新
エックスサーバー

エックスサーバー

エックスサーバーの特徴

サーバーの評価基準となる性能・安定・高速とすべてを網羅しているのがエックスサーバーです。国内シェアNo.1!稼働率99.99%以上を誇ります、ユーザー満足度の高いレンタルサーバーです。

サーバーソフトに「nginx」(エンジンエックス)を採用しているのが特徴です、管理パネルがシンプルで初心者にも安心です、商標関連のドメインでサイト量産するアフィリエイターには不向きです。(詳しくは下記詳細から)

価格/月 1100円(X10)
表示スピード 2.92s
PING応答速度 12.2ms
スターサーバー

ネットオウル

スターサーバーの特徴

マルチドメイン無制限、PHP高速化機能やオールSSDでワードプレスにも対応、エックスサーバーの関連子会社で運用実績や信頼性においても安心なクラウドサーバーになります。

初心者にも分かりやすいコントロールパネルはとても使いやすいです。デメリットはSSLの自動更新に時々失敗する、FTP接続ではドメイン直下にしかログインできないなど、WEBサイトの量産には向きません。

価格/月 550円(スタンダード)
表示スピード 2.95s
PING応答速度 13.0ms
コアサーバー

GMO

コアサーバーの特徴

コアサーバーは格安で高性能、マルチドメイン・メールアドレス・MySQL・転送量が無制限(CORE-A)です、高速SSD・無料SSL・HTTP/2対応している高機能なレンタルサーバーです。

スタンダードプラン(CORE-A)なら、他社と機能を比較してもリーズナブルに利用できるレンタルサーバーです、コントロールパネルが玄人向けです、高性能ですが初心者にはおすすめできません。

価格/月 436円(CORE-A)
表示スピード 2.95s
PING応答速度 5.81ms
ロリポップ

GMO

ロリポップサーバーの特徴

スタンダードプランなら高速なWordPress(PHPモジュール版)が50個も利用可能、さらに、キャッシュ機能を利用した、アクセラレータの多彩な仕組みが高速表示の効果を発揮します。

ワンコイン価格(スタンダードプラン)でありながら電話サポートが利用できます。それでいて機能が充実しているから、コスパが良いと思います。エコノミープランはワードプレスは使用できません。管理画面はとてもシンプルで簡単!

価格/月 550円(スタンダード)
表示スピード 2.97s
PING応答速度 5.78ms
さくらレンタルサーバー

さくらインターネット

さくらレンタルサーバーの特徴

国内最大級の高速なバックボーンを誇るデータセンターが特徴です、サーバーの安定度ではトップクラスです、管理画面は個性強めですが、初心者でも徐々に慣れるでしょう。

クセが強いサーバーとか、応答時間が遅いなどの悪評も確かにありますが、初心者が普通に使うなら問題ありません、HTMLにPHPなどを組み込んで弄(いじ)る方にはおすすめできません。(たまに独特な記述が必要)

価格/月 437円(スタンダード)
表示スピード 3.39s
PING応答速度 23.1ms

少ない予算でもパフォーマンスのいいサーバーを選ぶことができます、しかし、初心者には安全を考慮してエックスサーバーをおすすめします。

レンタルサーバー 比較表

下記では、項目に分けて詳しくレンタルサーバーを比較しました。

一つのWordPressに対してMySQL(データベース)を基本一つ使います、MySQLの数はWordPressの設置数!ということになります。

2020年11月02日
名称 初期費用/
月料金※
MySQL
WordPress
マルチ
ドメイン
お試し
期間
エックスサーバー
(X10)
¥3300
¥1100
無制限 無制限 10日
コアサーバー
(CORE-A)
¥0
¥436
無制限 無制限 30日
ロリポップ
(スタンダード)
¥1650
¥550
50個 200個 10日
さくらサーバー
(スタンダード)
¥1048
¥437
50個 200個 14日
スターサーバー
(スタンダード)
¥1650
¥550
30個 無制限 14日

※上記で表示している価格は税込みです。
※1年契約した場合の価格から、12で割った数値を月料金としてます。

名称 プラン
変更
電話
サポート
SSD容量 転送量/日
エックスサーバー
(X10)
可能 あり 200GB 300GB
コアサーバー
(CORE-A)
不可 120GB 無制限
ロリポップ
(スタンダード)
上位へ可 あり 150GB 180GB
さくらサーバー
(スタンダード)
不可 あり 100GB 160GB
スターサーバー
(スタンダード)
上位へ可 100GB 183GB

 

ドメインがGoogleにインデックス(認識)されるのに時間がかかることがあります、作成途中のWEBサイトであっても、早めにWEBサイトを公開しましょう!(サーバージプシーの「わたなべ」が経験済)